té - ならば、意味から解放された響きは『音』の世界の深淵を語る。

Tuesday, 29 September 2009

Firt album of té, i think this is their best album compared to their 2nd and 3rd, i prefer this one, because of that it still feel authentic and some reason.
This band play an instrumental music more like Post-rock, Math-rock with middle to fast tempo. From slightly track 1 to 4 all track is awesome, then 5,6,7 kinda middle tempo but i still like it. Track 8 is the best for this album. 9 and 10 is the ending.

01 己が分を知りて及ばざる時は速やかに止むるを『智』と言うべし。
02 思想とは我々の選ぶものを見せず、我々の好むものを『見』せる。
03 不安なのは事柄にでは無く、それに関する人の『考』えにである。
04 欲は全ての言葉を話し、全ての役を演じ、無欲者すら『演』ずる。
05 退屈な原作の滑稽さを直視させる模倣だけが真の『模倣』である。
06 暗黒中での想像力は明るい光よりも逞しく働くのを『常』とする。
07 沈黙中の表情にこそ、言葉選びに勝る本当の雄弁が『存在』する。
08 怒りは愚かな者を殺し、妬みは馬鹿者の生命を『瞬間』ごと苛む。
09 我々は希望に従って約束をし、恐怖にかられて約束を『果』たす。
10 人が空想で描く世界よりも, 人が生きる現実は『遥』かに物深い。

Well i personally play track 1 to 4, and 8 while driving on the highway, it feels reaally greeaat (especially 8).